小説「一橋桐子(76)の犯罪日記」

「一橋桐子(76)の犯罪日記」 著者:原田ひ香

 

<あらすじ>

 

一生懸命働いて、親の介護をして、結婚もせず真面目に暮らしていた主人公の一橋桐子76歳。

親が亡くなった後は、夫を亡くした高校時代の友達と暮らしていましたが、その友達も亡くなってしまい、本当に独りぼっちになってしまいます。

少しの年金と清掃パートの給料で一人暮らしを始めますが、残りの人生暮らしていくだけの蓄えはありません。

誰にも迷惑をかけないで生きていくためにはどうしたらいいのか。

考えた末にたどり着いた答えは「犯罪を犯して捕まり、刑務所に入ること」でした。

高齢者は刑務所で介護もしてもらえると知り、そこに最後の望みをかけます。

なるべく長く刑務所に入っていられる犯罪について調べ始めますが・・・

 

<感想>

主人公は76歳という高齢女性ですが、偶然出会った人々と素直に交流を深めていく様子は魅力的でした。

節約しながら暮らし、周りの人や物、思い出を大切に生きている素敵な女性の中に潜むただ一つの違和感は、「刑務所に入りたい」ことだけです。

こんなに働き者で優しく穏やかな人が安心して暮らしていけない現実の、根底にあるものってなんでしょうか。

性格、国の仕組み、介護問題など、誰にでも当てはまる何かがあります。

76歳になって突然こうなったのではなく、若いころから徐々に老後をむしばむ種があり、残念ですが少しずつ育っていってしまったようです。

じわじわ育った不安の木は、誰に剪定されることもなく、気がついた時には根が深くなっていました。

桐子さんの興味は軽犯罪から次第に重犯罪へと移っていきますが、根が優しいため、他人に危害(傷害・殺人)を加えるような犯罪は選べません。

犯罪を模索しているうちに出会う人々もまた、皆さまざまな問題をかかえています。

その問題をかかえた人々もまたなんだか憎めない人ばかりで、暗いストーリーになりそうでならない、ほのぼのした温かい感じが救いであり楽しみで、最後まで引き込まれて読めました。

桐子さんは優しさ真面目さという資産を持っていたところが救いでした。

最後まで読むと分かりますが、桐子さんは不幸ではありません。安心して読んでください。

 

<こんな人におすすめ>

・どんな環境でも希望を見つけたい人

・どちらかというと女性(主婦・独身どちらも)

・今まさに問題をかかえている人

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書) [ 原田ひ香 ]

価格:1,815円
(2021/5/17 21:52時点)
感想(0件)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。