夫のタッパー弁当と、私のチャーハンランチ

会社お弁当ランチと、おうちランチ

夫が会社で食べるお弁当ランチと、私の適当おうちランチ。

それぞれ別の場所で別のものを食べる毎日。

お弁当にかける時間は、朝ごはんを用意する時間と合わせて15~20分なので、凝ったものは作りません。

お弁当の容器は竹のお弁当箱や普通のお弁当箱、そしてタッパー

日によって違いますが、このタッパー弁当が一番多いです。

ごはんをよそって上におかずをのせるだけなので、普通のお弁当箱よりおかずのサイズを気にしなくていいし、隙間も埋めなくていいのでとても楽。量もちょうどいいし、洗うのも楽です。

 

夫のタッパーお弁当ランチ

<メニュー>

  • トンカツ
  • コーンクリームコロッケ
  • オムレツ
  • 紅ショウガ

ごはんの上に大葉をのせてから、おかずをのせて完成。

オムレツはシリコン容器を使って電子レンジで作りました。味付けは塩と砂糖のみ。

トンカツとコロッケも冷凍のを電子レンジで温めるだけ。

 

私のおうちチャーハンランチ

<チャーハンの具>

  •  豚肉
  • 長ネギ
  • キャベツ

豚肉、野菜、ごはんの順にごま油で炒めて、塩コショウ、ショウガ、ニンニク、醤油、和風だしを加えて炒め、最後に卵を入れて炒めたら、ごま油を回しかけて完成。紅ショウガをのせると美味しい!

他の具で作るときでも必ず入れる調味料は、塩こしょう、和風だし、ごま油。

最後にかけるごま油は少量ですが、これでかなり中華の香りになります。

具を炒めるときはその分、少な目の油で炒めています。

キムチチャーハンや、納豆チャーハンも好きでよく作ります。

 

<まとめ>

朝、昼のごはんは簡単に。夜は少しだけ手をかけたものを作るという日々。

どちらかというと量よりは、なるべく多くの食材を使うことを気にかけながら作っています。

一品にたくさんの食材(肉や魚、野菜)が入っていれば、おかずは一皿とごはんとみそ汁(具は2種類)で終わり。

メインの料理に食材が少なければ、副菜を足したり、ごはんを炊き込みご飯にしたり、みそ汁を具沢山にしたりして調整。

地元の新鮮な野菜がたくさん売っている野菜市場に週1で行き、冷蔵庫の野菜室がいっぱいになるくらい買ってきて、それを1週間(3人家族)でだいたい使い切る感じ。

珍しい野菜や色がきれいな野菜を買って、カラフルな冷蔵庫の中を見るのがささやかな楽しみです。

そして野菜室がスカスカになっていく様子を見るのも楽しみです。こんなに食べたのか!と。

もう少し年を取ったら近所の小さな畑を借りて野菜を育てたいなー…と思ったり妄想したりしています。

 

旅行をすると、その土地の野菜が見たくて市場に行ったりします。

京都では錦市場で京野菜を、石川では近江町市場で加賀野菜を。見た後はもちろん食べたくなるので、それぞれの野菜が食べられるお店へ。

北海道や秋田、山形には親戚が住んでおり、遊びに行ったら親戚宅の近くのお店をのぞきます。

北海道は野菜以外も、海鮮も本当に美味しいですね。

 

そんな遠出が出来る日々が早く戻ってきますように…と願うばかり。

とりあえず今は、家で食べたいものを食べて楽しもうと思います。